土地の鑑定を行うことで|不動産の効果的な利用方法

House

おすすめコンテンツ

  • 土地の購入

    マイホームを購入する場合においては、様々な部分において自分が利用しやすい物件をそれぞれ利用していくことが重要だと言えます。そのため、各住宅の特徴をしっかりと把握しておく必要があるのです。

    » MORE

  • 選択肢が広がります

    マイホームを保有する前に中古ワンルームマンション等の収益物件を保有しておくと、マイホームを購入した際の住宅ローンの返済がとても楽になります。工夫が必要なのです。

    » MORE

新着コンテンツ

  • 金利が高い時代

    不動産のローンを利用するときには、金利の変動がとても大事です。 仮に、不動産のローンを借りたときに金利が1%だった場合に変動金利を利用していた場合には、この金利が上がったときに借金の総額も上昇します。

    » MORE

土地の利用

土地査定の種類について

土地を売却した場合は、査定をする必要があります。土地を査定する場合には大きく分けて2種類の方法があります。一つがインターネットで閲覧する方法です。これによりある程度その土地がどれくらいで売れるかがわかるはずです。ただ、インターネットで閲覧できる額がそのまま売却価格になるとは限りません。例えば自分の土地が1坪100万円で売られているとして場合に、40坪あるから4000万円だとするのは早計で、実際には様々な事情により売値は下がってしまう傾向にあります。これに対して、実際に不動産会社に来てもらい、細かい部分まで見てもらい査定をする方法です。この査定方法はインターネットで調べた場合よりもより細かいところまでわかるというメリットがあります。

売主と買主間の考え方の違い

土地を売却しようとする売主と、その土地を買う買主の間で価値観が共有できれば割と早い段階で売却をすることができます。例えば、駅前に土地を持っている売主に対して、駅からは遠くてもいいのでできるだけ静かな住宅地に住みたいと考える買主との間で売買契約は成立するはずがありません。売主としては駅前に土地が欲しい、何より駅から近いことを最優先するという買主を見つける必要があるのです。ちょうど双方の価値観があった時にようやく土地が売れるのです。ということは、土地を高値で、しかも短期間に売りたいと意図する売主の思惑とは大抵逆になるはずです。いくら駅前は地価が高いと言ってもわざわざ駅前に住みたいという人は少数ですので、商売人が現れ、そこにお店を構えたいという人が出てくるまでは待たなくてはならないのです。